C53 45号機の復元なる 鷹取工場にて 昭和36年(1961年)8月14日

完成1ヶ月後の昭和36年9月に東海道本線における客車など5両牽引による試運転が行われた。この後、大阪交通科学館に展示され、昭和47年(1972年)に現在の梅小路蒸気機関車館の開設とともに同所に転じた。

 

大阪駅で公開されたC53 45号機。 昭和36年9月  この時にはデフレクターは撤去されている。

 

 

 

神戸方面に向かって疾走する45号機。淀川橋梁にて。向こうに見える橋は上流にある十三大橋と阪急電車の鉄橋。

現在、このあたりの風景も大きく変わっている。

 

 

 構内試運転中の45号機へ   GALLERYへ